看取りができなければ生活の場所とは言えない

特定施設つまり介護付有料老人ホームで、看取り介護加算が創設された。
グループホームでも同加算の単位が見直されている。

もちろん、歓迎すべきことである。
とかく生活の場所を標榜するところは、どこでも終の棲家になりえなければならない。施設だけでなく、これからは自宅での看取りだって増えていく(と言うか、数が回復していく)だろう。
サービス付き高齢者向け住宅だって、定期巡回・随時対応型訪問介護看護が普及すれば、看取りができるようになり得る。

ところで。
連絡すればいつでも駆けつけてくれる看護師と主治医がいれば、上述したようにどこででも看取りはできる。
だが、それはあくまで理屈の上では、と言うことであって、実際には少なくとも日中は常時看護師がいないと難しいと思う。

最期の時を迎えつつある方の傍には、その方の状態を見て、そのまま何もせずにいてよいのか、それとも頓用の薬品を使用するべきなのか、あるいは看護師や医師に相談すべきなのか、適切な判断のできる者が必要だからだ。看護師以外でそれができる者というのは、現状ではほとんどいないと言っていいだろう。

もちろん、家庭であればそうも言っていられないのだから、ご本人さんやご家族さんが納得してさえいれば、施設だって同じことかもしれない。それでも我々はプロである以上、常に最善を尽くさなければならない。

批判されてばかりの介護保険制度だが、こうした看取りという観点から見てみれば、確実に進歩してきているのではないだろうか。我々はそのことを認め、要介護高齢者がより安心して過ごせるよう、さらに努力を続けていかなければならない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中