解釈通知案

2月23日、厚生労働省の講堂にて、全国介護保険担当課長会議が開催された。

来年度の制度改正・報酬改定については、関連法案が昨年6月15日に可決・成立し、6月22日に公布されている。今年1月25日には、厚生労働省が社会保障審議会介護給付費分科会に、改定された報酬の額と指定基準の改正概要を諮問。了承が得られている。
そしてこの度、都道府県や政令指定都市の担当者を集め、介護保険や高齢者保健福祉全般に関する国の様々な施策についてと、先だって諮問された報酬や、基準省令の改正案の詳しい内容が示されることとなったわけだ。

昨日までパブリックコメントを募集していたし、それが反映されるかどうかはともかくとしても、まだ変更される可能性はゼロではない。
それでも備えておくには早いに越したことはないわけで。制度改正について頑張って頭に入れるのはこのタイミングだろうな……と思っていたので、これから目を通そうかと思っている。
昨日は咳でそれどころではなかったし……

都道府県および市町村による説明会も、来月に入ってからは立て続けにある。
まあこれまでだって、そうした説明会で新しい情報が得られるなんてことはまずなかったのだが、行かないわけにはいかない。
法人内の他事業所へ改正内容をかいつまんで説明するのは私のお役目なので、居宅サービスの説明会にも出ないといけないし。もちろん月次業務だってあるわけで、来月に入ったらちょっと慌ただしくなりそうだな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中