足こぎ車椅子

「歩行困難な方々が、もう一度自分の足で移動できる。夢の足こぎ車イスーProfhand-」
http://h-tess.com/modules/tinyd/index.php?id=2リンク切れました。

これは良さそう。

脳梗塞後遺症の、比較的若く認知機能がほとんど損なわれていない方には、第一選択車椅子と言えるだろう。ただ高齢で認知機能が低下している、廃用予防や筋力アップを図りたい方には、操作は難しそうな感じだ。車椅子前方にペダルがあることも、しっかり注意ができる方でないと、足を引っ掛けたりして却って危険だと思われる。

数ヶ月前、まさにこんなものがあるといいなあと思ったことがあった。

80代前半の男性で、認知症はなく、年相応の物忘れがあるくらい。診断名は汎下垂体機能低下症、糖尿病。既往として水頭症があった。
車椅子を自走されており、それについては特に問題はなかったのだが、なにしろウェイトオーバーが著しく、何とか運動量を増やしたかった。そのためもあって個別機能訓練計画のメニューには歩行器での歩行も入れてあったが、腰痛や疲労感の訴えも多く、歩行はあまり行えていなかった。
そこで思ったのだ。ペダルをこいで進める車椅子があれば、もっと運動になるのに、と。

しかし、その方ももういない。お亡くなりになってしまった。

この車椅子のことはひとまず頭に留めておいて、適していると思う方が現れたら、導入を考えてみたいと思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中