居室にトイレは必要か

居室にトイレは必要だろうか。

居室にトイレがなければ、共用トイレに行けない⇒ポータブルトイレを室内に置く、となりやすい。
しかしポータブルトイレは、いくらプライベートカーテンがあってもプライバシーに難がある(居室にトイレがないのはほぼ多床室だろう)し、匂いも完全には防げないし、自尊心にも影響する。「おまるを使わなきゃいけなくなるなんて……」というわけだ。実際、使うことを嫌がる方もおられる。

とはいえ、自宅で寝室からトイレまでドア一枚、なんて環境で生活される方はほとんどいないだろう。大抵は一旦廊下に出てトイレに向かう。それができなくなれば、やはりポータブルトイレのお世話になる。

でも。せっかくの施設なんだから、自宅よりも過ごしやすい場所であっていいだろう。と言うより、バリアフリーであることも含め、そうあるべきだ。

居室にトイレがあった方が、もちろん行きやすく、転倒も防ぎやすい。極端な話、ベッドをトイレの扉に限りなく近づけ、ベッドのL字バーで立ち上がって手を伸ばせばトイレの手すりに届く、という環境にすることも可能だ。
こうなると、ポータブルトイレが必要となることはほとんどない。うちの施設でも、ポータブルトイレはもちろん備品としてあるが、私が入職してから1年半、一度も使ったことがない。
もちろん、ポータブルトイレを使った方が自立を支援できる場合だってある。例えば立ち上がるのが無理でも、ベッド上で下衣を下ろし、ベッドで一旦端座位になってから、立ち上がることなしにトランスファーボードの上でお尻を少しずつずらしていってポータブルトイレに移って排泄する……という場合などだ。だから、ポータブルトイレを使っていないことがそのまま自慢できること、というわけではない。

トイレが遠い方が都合の良い理由としては、「トイレへの移動が歩行の練習になる」という場合ぐらいだろうか。だが私なら、トイレに行くのに辛い思いはしたくない。歩く練習なら別にそうした機会を設けて欲しい。それに距離のために間に合わずに失禁してしまったりするのは辛い。

前にもどこかで書いたような気がするが、私は居室が個室であることは、生活の場所としての最低限の条件だと思っている。その理由は、個室であることがプライバシーを守るには必要だと思っていることもあるし、こうしたトイレの問題もある。

と、ここまで書いて気がついた。トイレのない個室って存在するのかな? 私は見たことないけど。

広告

居室にトイレは必要か」への2件のフィードバック

  1. うちの施設―特養―には、トイレのない個室が20床も存在します。静養室もそうです。病院の個室もトイレがあるところと無いところがあるのでは?

  2. >あっくん様
    いつもコメントありがとうございます<(_ _)>
    病院は、まあ療養の場ですから。生活の場である特養でもトイレのない部屋ってあるんですね。でも実際あっても使えない方も少なくなさそうだし、そういうものなのかなーと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中