自分と他人の感覚のズレ

介護の仕事をしていて、「自分だったらこうして欲しいから、入居者さんにも同じようにさせてもらおう」「自分の家ではこうしているのだから、施設だって入居者さんたちが暮らしている場所である以上、同じようにしよう」と考えるのは大切なことだ。
もちろん、それらを全て実現するのは難しいとしても。

だが、その自分が拠り所とする習慣は、全ての職員間で共有されているというわけではない。

一例。
少し前に、新人職員から、入浴で使用したバスマットについて「これは他の洗濯物と別に洗いましょうか?」と訊かれた。
「一緒でいいですよ。自分の家でもそうしてるでしょ?」と私が訊き返すと、「いいえ、別に洗ってます」との返答が。

なるほど、私は自宅でも普通に一緒に洗っていたので、今まで何とも思っていなかったが、別々に洗うのが当たり前の人からすれば、「服とバスマットを一緒に洗うなんて!」となるのかもしれない。

そこで、「なるほど、じゃあバスマットだけで洗いましょう」と言えればいいのだが、洗濯回数が増えればコストがかかる。
そもそも我が家だったら、「そんな無駄なこと!」となるだろう。

洗濯については、例えば私は洗面所で使用したタオルなど以外、なるべく一人の方の洗濯物は他の方の物と一緒に洗わないようにしようと思っているが、少ない量で洗濯機を回すのはやはり節約の観点からは問題がある。そのため、シーツ交換や入浴の際にある程度の量をまとめて洗うことができる時以外は、一緒にさせてもらうこともある。

そんなわけで先輩の私としては、「自分が家でやっているのと同じようにって考えるのは大事だけど、節約のことも考えて、臨機応変にねっ」という極めて曖昧な一言でその場を立ち去ったのであった……(^-^;)

また。
私が入居者さんの居室で、扇風機のスイッチを足で押したのをうちの相談員が見ていて、これは酷いと思った……ということがあった。

私はそのことを経営者を通して聞いたので、少なくとも経営者も相談員と同じ感覚だったのだろう。だが私は、扇風機のスイッチは自宅でも足で押しており、そもそも扇風機というものはスイッチは足で押すためにあの位置に付いており、サイズも大きめにしてあるのだと思っていた。だから決して横着して足で押してしまえ、なんて感覚はなかったのだ。

試しにググってみたら、足で押すという人が多数いてちょっと安心。
だが行儀が良くない、という感覚が一般的なようでもあったので、以降は気をつけている。

つい自分の感覚が常識と考えてしまいがちなので、気をつけていかないと。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中