介護版 悪魔の辞典(その2)

「介護版 悪魔の辞典」その2。詳しくは(その1)をご覧ください。

もう少し増えたら、全体を五十音順に並び変えようと思う。今のところはその必要もないのでそのままで。
我ながら何をやってるんだと思いつつ、考え始めてみたら結構浮かんできてしまった。
12/23のエントリでは、「人を不快にさせる記事は書いてはダメ」と心に決めたというのに、もはやこの有様、って気もしないではない。
ただ、皮肉的な言葉によってこそ伝わる情熱もあるのだと思う。少なくとも私は、単に悪口を書いているつもりはない。そこから明日へ繋がるものだってきっとある。
ということで公開(^-^;


【アドボケイト】
援助者の主観を客観へと昇華する魔法の呪文。

【介護支援専門員資格】
高齢者福祉業界を大学にたとえるなら、この資格の取得が一般教養課程の終了を意味する。そこから先が専門課程、すなわちそれぞれの道。

【介護福祉士資格】
名称独占の国家資格。専門学校新卒者を除く新人介護職員の当面の目標。この資格が存在しなければ新人職員は目標を持ち得ず、事業者は職員を評価する基準を持ち得ない。

【コンプライアンス(法令遵守)】
1. 介護という制度ビジネスに参入している以上、事業者が当然に意識すべきもの。
2. 市場における新たな介護サービスの誕生と成長の芽を摘み、保守的・画一的な思考に縛り付ける枷。

【サービス提供の拒否】
基本的に介護保険サービス提供事業所は、正当な理由なくサービス提供を拒否できない。この「正当な理由」の基準は、管理・相談職員と現場職員の間で大きな隔たりがある。とりわけ現場感覚に欠ける者の考える基準は、ほぼマゾヒズムの域に達している。

【社会福祉士資格】
福祉系大学卒以外の者は受験資格を得るまでが大変だが、試験そのものは福祉系大学卒業(見込)の記念受験者を除くと、合格率は90%程度に達すると思われる合格難易度の低い資格。
名称独占資格の代表格。

【社会福祉主事任用資格】
大学の文系学部を卒業するとほぼ自動的に付いてくるもの。だが大抵の人には、それが役立つことはない。

【昇給/賞与】
経済学の専門用語。難解な概念であり説明不能。

【食事介助】
効率的な栄養・水分摂取の手段。ただしさほど安全性は高くない。

【接遇】
「気づき」「思いやり」「優しさ」等に劣る直接的/間接的援助者が、己の適性のなさを認めたくないが故にすがりつくもの。故に言葉遣い等への厳しさと、援助職としての適性は反比例する。

【日中特変なし/夜間良眠】
1. 「勤務時間内では記録をする時間が足りません」という意味。上司への皮肉の言葉。
2. 「私には観察力もやる気もありません」という意味。懺悔の言葉。
3. 言葉通りの意味。

【入浴介助】
男性介護職員が、すごく嬉しいものと、逆に見たくないものとを同時に目にする機会。

【男性職員】
半透明人間。

【バイステックの七原則】
ソーシャルワークを学んだ者が、自分の意見の正当性を主張するために引用する、黄門様の印籠。

【ユニットケア】
利用者さんの生活空間と職員の配置を、施設内でこま切れにすること。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中