妄想へのアプローチ

ここ数日、このブログの索引を作り続けているわけですが。
さすがにちょっと飽きてきたな(^-^; 自分の駄文を読み返してても面白くないしね。
それにアクセス数も減ってきているので、ここらで小休止して普通のエントリ挟んでみます。

ふと思い出した話。

「~~がなくなった」と探し回り、職員にもしきりに訴えられる女性の方がいた。
なくなったというものは「ズボン下」、「湯上りタオル」(バスタオル)、「腰布団」(腰痛ベルト)など。「洗濯に出したのに返って来ない」と言われることも多かった。
また食堂に置いてある施設備品の座布団を、じーっと見つめているかと思えば「これは私のです」と言い出したりもしていた。
訴えた職員の手が塞がっていて、じっくり話を聞けなかったりすると、「これは(役所か警察に)相談するしかないか~」とか、「変なうち(病院)になっちゃったな~」と独り言のように言い残して立ち去って行かれた。

認知症介護の本の類では、物がなくなったという訴えに対しては、一緒に探して自分で見つけてもらうのがよい、とされている。
しかしこの方の場合、そうして、なくなったと言われるものが見つかっても、「そんなものはどうでもいいんです。私が探しているのは○○です」と、なくなったものが変わってしまう。
またある時は、「ズボン下が1つもなくて、履くものがないんです」と言われ、一緒にお部屋に行くと、タンスの中にズボン下はいくつもある。しかし「それは外出用です」「私が探しているのはラクダ色のです」と、決して納得はしてもらえない。
最初の訴えなどすぐにどこかへ行き、形を変えてしまうのだ。

ということは。
実際に何かを見つけられなくなったところから訴えが始まっているのではなく、なくなったと探し回ることにこそ、意味、目的があるのではないか。

例えば、あくまで可能性の一つとしてだが。
「物がなくなったことがわかる」ということは、「自分の身の回り品は自分で管理できている」ことの証にもなる。つまりその方は自身の認知症状を認められず、自分がまだしっかりしているということを確かめたいのかも……

といったことを、ケアプランチームでこの方の担当をしている職員と一緒に考えながら、訴えの源である欲求にアプローチしようとしていた。

しかし、今ではもうそれも叶わない。
お亡くなりになってしまったからだ。

なくなったという訴えが事実でない以上、つまりは妄想ということになるのだろう。
しかし、「盗まれた」と言われるのなら疑いもなく被害妄想だが……主訴は「なくなった」あるいは「洗濯から帰って来ない」であって、「盗られた」ではない。

「なくなった!」と思った時、人の考え方は主に2通り。自分のせい、つまり自分が忘れてしまったと考えるか、他人のせい、つまり誰かが盗んだり、返してくれないと考えるか。

両者を分けるのは、生まれてから形成されてきた人格である。

社会や組織においてそれなりの地位を築いてきた方々は、後者になりがちだ。
何かあった時にすぐ他人のせいにする、と言うと言葉は悪いが、そうした方々が問題解決場面において、規範を周囲の人間の意見に求めるのでなく、自己の内部に求める習慣が身についているのは当然のことだとも言える。つまり自分がふらふらしていたのでは役割を果たせないので、己を確固たる存在として固めてしまうわけだ。

一番多いのは、元教師の方である。元会社社長などにも、こういう方がおられる。

私は、認知症の周辺症状はすべからく対人関係の障害から起こると思っているので(エントリ「タクティールケアと対人関係論」「周辺症状は対人関係の障害から現れる」など)、この方に対しても、「加齢(と認知症状)により周囲の人々からの敬意を得ることができなくなり、その不満が妄想を引き起こしている」と考えていた。
そのため、事務所に来られた時などはとにかく褒め、おだてるように心がけていた(うまく対応ができていたかどうかはともかく)。しかし、じっくりとお話ができるのは時間のある時に限られたし、事務室にいる私でさえそうなのだから、業務に追われる現場職員にはさらに困難だったろう。

大事なのは、現場の職員が自分たちでアセスメントし、解決方法を探っていくことだと思っていた。その結果、上記のような私の考えと異なっていたとしても、もちろんそれでいい。私なんかより彼らの方が正しいことはいくらだってある。

だが、私たちがお手伝いをしているのは、高齢者の方々である。時間をかけている余裕がないことも多い。
現に、間に合わなかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中