自動ブレーキ付き車いす

久しぶりに「おおおっ!」と思った介護用品。

自動ブレーキ付き車いす「SAFETYオレンジ」
http://www.francebed.co.jp/brand_site/SAFETY/

車いすのブレーキをかけずに立ち上がり、車いすが後方へ動いてしまって転倒……という事故は少なくない。この車いすは、立ち上がると自動的にブレーキがかかるという。

やられたなあ、という感じ。
うちの施設にもブレーキを忘れて立ち上がってしまう方がおられるので、私も似たようなことを考えていた。しかしそのアイデアは、車いす乗車時に、ちょうどジェットコースターの安全バーのようなものをセット、そのバーを上げなければ立てないため、自身でバーを上げる⇒車いすのブレーキに連動してブレーキがかかる、というものだった。
溶接機やディスクグラインダといった工具があれば一日でできるが、当然そんなものはないので、ホームセンターにある既存の素材をうまく組み合わせるしかないか……と考えていた矢先だっただけに、やられた感もひとしおである。

だが重要なのは、この「SAFETYオレンジ」は、「ブレーキをかけないと立ち上がれない」のではなく、「立ち上がるとブレーキがかかる」ということだろう。この発想の違いは大きいと思う。

写真を見る限り、立ち上がる⇒座面にかかっていた重みがなくなる⇒座面後方が跳ね上がる⇒解放されたスプリングがブレーキレバーを動かす⇒ブレーキがかかる、という仕組みのようだ。

これまでは、認知症の方でも根気よく繰り返せば習慣が形成されることはあるのだからと、ケアプランにも「移乗時には、習慣となるように繰り返しブレーキをかけることをお願いしていきます」という援助を入れたりしていた。そうして少しずつご自身でブレーキをかけることが増えてきてもいたのだが、忘れてしまわれることも多かった。
この車いすがあれば、そうした援助の必要もなくなる。

だけどうち特定施設だからな……介護保険でのレンタルなんてできないし、施設での購入もちょっと無理だろうなあ……何とか真似して作れないもんかなあ……

あ、もしも。
実はこの手の車いすは前からあった……なんてことだったら、ごめんなさい(^-^;


2011.12.03追記:
やっぱり同じような製品は既にあるそうです。Twitterで教えていただきました<(_ _)>
このエントリ削除したいくらいですが(^-^;; そうもいかないので、ここに追記しておきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中