入所申込書の変な項目

稀に、ご家族の方から、「特養に申し込みたいんです。入所申込書を出すように言われたんですが、私には分からない項目があるので、代わりに書いてください」と依頼されることがある。

もちろん快く承知するのだが、実際書いていると、「?」と思うことも多い。

1.「認知症における生活自立度」「障害における生活自立度」を問うもの
たぶん「認知症高齢者の日常生活自立度」と「障害高齢者の日常生活自立度」のことなのだろうが……「認知症における」とか「障害における」とか、日本語として変だ。

2.「問題(周辺)行動があると答えた方は該当するものに○をつけてください」となっていて、項目に「しつこく同じ話をする」「ひどい物忘れ」などがある
「周辺行動」なんて言葉は初めて聞く。「周辺症状」ならともかく。いずれにしろ記憶障害は周辺症状ではあるまい。
それに「しつこく」とか「ひどい」とか、よくこんな言葉使えるよなー、と逆に感心する。
そして、本当にどう書いていいか迷うものもある。

3.「介護・生活状況」という自由記述欄
曖昧すぎて何を書いたらいいのかさっぱり……

4.「アレルギー 無・有」「麻痺 無・有」「拘縮 無・有」「褥瘡 無・有」「湿疹 無・有」と、「無・有」のどちらかに○をつける項目が続いたあと、「口腔清潔 無・有」となっている
口腔内の清潔が保たれているか否かってこと? 口腔ケアの必要があるかないか(ない人なんていないと思うが)ってこと?

5.「入浴」の特記事項欄に、「・機械 ・チェリー ・温泉」と書いてあって○を付けるようになっている
「機械」は機械浴だろう。「チェリー」って何? と思って検索かけたら……酒井医療が出している入浴装置のことらしい。そんな商品名出されたって知るかよ。そんなに有名なのか?
あと「温泉」ってどういうこと?

「これはこういう意味なんだよー」って分かる方がいたら教えてください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中