介護業界で仕事を探している方へ

今は一介の施設ケアマネの私がこのようなことを言うのも何だが……
介護業界で就職・転職しようと思っている方に。

応募に際しての電話~面接は、とにかく明るい声で、元気良く(もちろん不自然にならない程度に……)。
明るく元気というのは、介護の仕事をする上で最も有利な資質。絶対に明るくなければダメ、ということはないが、暗い人はそれなりのハンデを背負って働くことになる、つまり他人よりも努力しなければならないものと自覚しておこう。
また、事務だったら暗くても大丈夫……ということは全くない。事務職は、電話や来客者への応対などの際に、施設の顔となるのだから。

履歴書は全ての欄を埋める。って、こんなのは一般常識以前の問題だと思うが……
また趣味の欄も、安易に音楽鑑賞なんて書かないこと。もちろん、昭和歌謡や演歌が大好き、というくらい個性的なら別で、大いにアピールすべきだが、流行の音楽が好きで聴いていますというレベルなら、特に趣味もない人だと思われてしまうだけだ。
DIYが得意とか、売り込めるものがあるならもちろん書くべし。ないなら、広く好感を持ってもらいやすいもの、例えばガーデニングとかにしておくのが良さそうだ。

職務経歴書くらい作ろう。履歴書だけでは、どういう人間なのか全く伝わらない。
と言っても、介護業界で職務経歴書を書いてきた人は自分以外に一人も見たことがないが……今は、ハローワークでしつこいくらいに言われないのかな?

とは言っても。
非常識な人間でも普通に採用されるのが介護業界というところではある(^-^;
それだけ、どこも人手不足だから。

が、自分は一介の介護職では終わらない、キャリアを積んでのし上がってやろうという野心のある人は、応募の段階から経営者に「こいつは他のスタッフとは違う」と思わせておきたい。そのためには、職務経歴書で精一杯アピールするのが良い。

……と、採用の段階では経営者に気に入られていたらしいものの、最終的には反発して退職してきた男が申しております(^-^;;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中