制服と私服

介護サービス事業所には、制服を定めているところと、ないところがある。

私が最初に勤めた職場では、上衣のみ、1種類2色(緑とピンク)の制服があり、1人に2着が支給された。色は男性と女性とで分かれていたわけではない。個人の好きなように選べたので、私も緑とピンクを一着ずつ持っていた。
確か理美容師向けに作られた制服だったと思う。よく車椅子のハンドルにポケットを引っかけてしまった覚えがある。

次の職場では、もはや制服とは呼べないくらいたくさんの種類の服が支給された。法人名とイラストの入ったトレーナー、チェック柄の半袖シャツ、無地のベスト、Tシャツ、ポロシャツ。これらは全て4色ぐらいの中で好きなものを選べたような……それぞれ2枚ずつもらった。トレーナー以外は全く制服らしくないので、例えば皆で外出した時など、たまたま別の職員と同じシャツを着ていたりすると、ペアルックにしか見えなかったっけ(^-^;

今の職場では、制服は全くない。家庭的な雰囲気を出したいからということのようだ。
確かに制服はいかにも「私は職員です」って感じではある。だが制服を着ることで職業人としての意識が保たれることもあるだろうし、まあこうした点では一長一短かな、と思う。制服と私服、特にどちらが優れていてどちらが劣っている、ということもないかと。

ところで制服があるかどうかは、見た目だけでなく、感染予防対策とも関わりがある。

出勤してくるとすぐ制服に着替え、帰宅する際にはその制服を脱いで施設内で洗濯、としている施設は少なくない。確かにウイルス、菌、そしてシラミなどは衣服を介して感染することもあるので、こうした対応に意味がないことはない。もちろん、うがいや手洗いはより念入りに行わなければならないのは当然だ。

しかしまあそんなことを言うなら、不特定多数が出入りする場所であれば、どこでもそうした感染の可能性はあるわけで。そういう場所に出かけた後には必ず着ているものを全て着替えて洗濯、なんてすれば、強迫性障害だと思われること必至だよな。

もちろん、感染予防対策は、施設から感染を持ち出さないという意味だけでなく、逆に外部から持ち込まないという意味もある。というより、こちらの意味合いの方が大きいはずだ。不特定多数の人と接触することでさまざまな病原体に感染する危険性が高いのは、入居者さんではなく我々職員の方なのだから。
だが、これはしばしば逆に捉えられる。まるで施設や、そこで暮らしている入居者さんたちが病原体の温床であるかのように思ってるでしょ、と感じられる職員が少なからずいる。

もちろん、家に小さい子供がいたりすれば、ウィルスなどを極力自宅に持ち込まないようにしたい、という気持ちはよく分かる。感染予防対策をとって悪いことはない。
でも、施設で暮らすお年寄りだって、自宅で暮らす自分の家族とそんなに変わらないよ、と思うのだ。

そもそも施設で、入居者さんに生き生きと暮らして欲しい、と思ったら。例えば食事を作るお手伝いをしてもらうとか、食器を洗って拭いてもらうとかするのはごく自然なことである。またお部屋にお邪魔した時に、「お茶でも飲んで行ってよ」とか「リンゴ剥くから食べていきなよ」と言われることもよくある。もちろんそうした作業の際には必ず手を洗ってもらい、時には消毒用アルコールなんかも使ってもらったりもするが、それでもお年寄りのすることである。とても衛生的とは言えないことだってある。
つまり気にし出したら、施設内では何も口にできなくなってしまうし、せっかく入居者さんがお茶を入れたり、リンゴを剥いたりといった活動をし、さらにはもてなそうとしてくださっている気持ちを、無駄にすることにもなってしまう。
こうしたものを口にしていれば、衣服の洗濯なんてどうでもいいや、という気持ちにならないだろうか? 少なくとも、私はなっているのだ(^-^;;

もちろん、嘔吐物や排泄物、血液の処理などは、それが病原体に冒されているものとして、つまりスタンダード・プリコーションの考えにのっとって行わなければならないのは当然だ。しかし、感染のリスクが低いことに、必要以上に神経質になるのは、人権侵害にも繋がるのではないか。

なんか制服の話とだいぶずれたような気がするが(^-^;; 私はこう思っている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中