ナースコール

要介護のご高齢者が利用する施設では、緊急通報装置いわゆるナースコールが設置されている。

病院などにもあるので、全くご存じないという方はいないだろう。各部屋やトイレ、浴室にあるボタンを押すと、その部屋の入口あたりにあるランプが点くと共に、スタッフルームなどにある制御盤でも押した場所が分かるようになっている。また最近では端末があって、職員がそれを携帯することで、手元で確認できるようになっていることが多い。
この端末には、PHSが使われているものが多いようだ。各部屋のコールボタン周辺にはマイクとスピーカーが付いているので、それらを通して会話ができる(方もいる。難聴の方や、声が小さい方にはまず無理)。それから直接外線がかけられるようになっていることもある。

私が以前勤めていた老健と住宅型有料老人ホーム、現在勤めている介護付有料老人ホームのいずれも、ほとんど同じシステムを使用している。

このPHSなのだが、15年くらい前に世に出回っていたケータイやPHSを想像してもらうといい。小さなモノクロの液晶画面が付いているだけで、機能といえばアドレス帳くらい。メールなんてもちろん送れない。
もちろん、どこから呼ばれているのかを手元で確認できるだけでも便利ではあるのだが、問題なのは、このPHS端末が非常に高価なことである。1台3万円以上するのだ。

その理由はおそらく、今時こんな低機能のPHSなんてこういうシステムでしか使っておらず、生産量が非常に少ないためだろう。それ故に1台あたりの価格が高くなってしまうのではないか。
いずれにしろ壊そうものなら大変である。件の老健では3カ月に1台は壊れていた。一番多かった理由は「トイレへの水没」だったっけ。その後の職場ではほとんど故障はなかったが、住宅型では確か一度紛失したな(^-^;

そんな低機能な端末に高い金をかけるくらいなら、職員のケータイをそのまま使って、あらかじめ親機に職員個人のケータイ番号を登録、コールの際にはそれらの携帯に転送するようなシステムを作ったらどうなんだ? とか思ったこともあったが、まあ無理だよね。電話回線がいくつ必要なんだって話だし、他の誰かがコールに応えてくれたのかどうかも分からないんじゃ話にならん。

しかし今なら。
Wi-Fiとスマートフォンのアプリ使えばできるよな。

で、スマートフォンで記録もできるようにすれば一石二鳥と。

あと20年後くらいにはこういうシステムがスタンダードに……なってないかな。

広告

ナースコール」への2件のフィードバック

  1. うちの施設のPHSもよく水没したり、無くなります。5万円以上するから、大変です。 なんかいい方法はないですかねぇ? うちのところは、他ユニットからのコールも鳴るから、不評です。自ユニットの利用者はほとんど押さないんですよ。

  2. >あっくん様
    どうもです<(_ _)>
    以前の職場では、あまりに職員が落とすので、スパイラルタイプの伸びるストラップを付けたりもしましたが……あんまり効果なかったですねえ(^-^;

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中