社会福祉士という資格

私は一応、社会福祉士の資格を持っている。
しかし実際のところ、その資格によって何かの職務に就いたことはないし、普段は持っていることさえ忘れている。
高い金払って通信教育受けて、スクーリングも行ったんだけどね……

とは言え、前の職場では、確か社会福祉士の資格手当は2万円だった。介護福祉士やケアマネは1万円だったと思うので、なんでそんなに社会福祉士が優遇されていたのかは分からないが、とても有難かったのは確かだ。

社会福祉士の資格を持っていても、医療ソーシャルワーカーにしろ児童福祉などにしろ、職務に必要なことはその職に就いてから新たに身につけていかなければならず、社会福祉士を持っていることイコール何かの仕事を一人前にできること、とは全くならない。この点では、介護福祉士よりも「役に立たない」。

では何のための資格なのかと言うと、私は、「福祉業界で働く上で役に立つ幅広い教養を、ある程度持っていることを保証する」という意味しかないと思っている。

試験科目は多いので、資格取得のためには、多分野にわたる勉強が必要なのは確か。しかし例えば、「幅広い教養と言うなら、では母子・父子家庭が受けられる制度について説明してみろ」とか言われたら……私にはできない(^-^;
しかし。試験勉強であれば暗記が必要だが、実務では、使える知識=暗記している知識、ではない。現代では、暗記しなければならないことなんてほとんど存在しない。知識とは、それが必要となった時に「どうやったら調べられるか、またはどこに聞けばいいか」を知っておく、ということとほぼ同義である。そういう意味では、社会福祉士の試験勉強をすることは確実に知識を増やし、しかもそれは長い期間保持される。
それに、支援を行うにあたっての考え方が身に付く、という面もあるだろう。

全国的にそうなのかは知らないが、少なくとも私の住む地域では、医療ソーシャルワーカーの求人では社会福祉士または精神保健福祉士の資格は必須と言えるので、その職に就きたければ資格取得は必要。
その他、例えば相談員などの求人では、介護福祉士などと共に並んで、持っていることが望ましい資格に挙げられている程度。持っていて損はない、というところか。

まあ、とにかく、そんなもんですよ。
いずれにせよ、資格を取るために勉強したことは決して無駄にはならないのだから、取得を目指している方は頑張って欲しい。<上から目線?(^-^;

広告

社会福祉士という資格」への2件のフィードバック

  1. 社会福祉士は、やはり価値のある資格だと思いますよ。 社会福祉士主事とはやはり違いますよ。

  2. >あっくん様
    いらっしゃいませ<(_ _)>
    そう……ですよね。ケアマネにしてもそうなんですが、何か自分が持っているものだと、それほどの価値もないような気がしてしまうという(^-^;
    もっと、社会福祉士としてのプライドを持って、仕事をしていかないといけないんでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中