行政の担当者って……

先日、基準該当サービスについて市に照会したことを書いたが。

時を同じくして、市に認知症介護実践研修(実践リーダー研修)の受講申し込みをした。
うちの県では、グループホームでの短期利用を実施するために受講を希望する場合は、保険者に申し込むことになっている。そのため、担当課に電話して、申し込みは郵送で良いのか問い合わせた。

そうしたら後日、市より電話がかかってきた。少々お怒り気味に。
曰く、「基準該当サービスは認めないと電話でお伝えしたはずなのに、郵便で送ってくるとはどういうことですか!」とのこと。

はー?

聞くと、グループホームで「短期利用」というのが、私が相談した基準該当の「短期入所」と担当者の中で混同されてしまったらしい。送った書類を見もしないで、「短期は認めないと言ったのに何でこういう申し込みを……」と短絡的に考えたわけだ。

行政の担当者には、当然、移動がある。だから、移動して間もなくであれば、介護保険などについて疎いのも止むを得ないと思う。
しかし今は9月である。少なくとも半年経とうとしているのに、市が行わなければならないことを知らないというのは……不勉強との謗りを受けても仕方あるまい。

少なくとも我々事業者を「指導」する立場にあるのなら、そのくらいは知っておいてね。
受講申し込みを受理しなかったらどうなるか……( ̄▽ ̄)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中