養成校にて

私は、とあるヘルパー/福祉用具専門相談員の養成校で講師をしている(と言っても、担当しているのは「老人保健福祉制度の概要」の2時間だけだが)。
受講生たちは、概ね熱心な態度で講義に臨んでいる。それほどの大人数でもなく、アットホームな雰囲気なので、講義中に受講生からの質問もしょっちゅう飛んでくる。おかげでとてもやりやすく、却って助けられている。

そもそも私は人に教えるのが専門ではないのだから、講義らしい講義は専門の先生にお任せしておいて、私は介護の現場従事者ならではの話をした方が、受講生の役に立つのではないかと思っている。
言ってしまえば、介護の現場ではこういう楽しいこと、嬉しいことがあるんだよ、という話をしたいわけだ。

しかし。
どうも彼らの中には、既に妙な諦めみたいな空気が流れている。
どうせ介護職は給料安いからなあ、とか。
せっかく通い始めたんだから資格は取るけど、介護の仕事に就くかどうか悩んでる、とか。

そのせいか、職場の内部事情やら、給与やらの話はやたらと食いつきがいい。じゃあちょっと話しましょうか、ってな感じで話していると、嘘をつくわけにもいかないので、結構シビアな話もしてしまったりする。

で、途中でふと思う。
こんなんでいいのか、と。

こうして教室で会ったのも何かの縁だから、どうせなら全ての受講生に、介護の世界に飛び込んで来て欲しいと思い、そのことは言葉で伝えてもいるが……
逆に、自分が話すことが、介護の仕事に対するマイナスイメージを強めてしまって、二の足を踏ませているのではないかと心配だ。

講義の感想を聞いたら、ぜひ私に教えてくださいね、と養成校の方にはお願いしているが、聞くのが怖い……(^-^;;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中