デイサービスの介護報酬は高すぎる

通所介護(デイサービス)の介護報酬はなぜあんなに高いのだろう?

デイサービスの介護報酬は、通常規模型の6~8時間利用、個別機能訓練加算Ⅰと入浴加算を付けて、介護度1では754単位である。つまり、送り迎えして、お茶出して、お風呂入れて、体操やって、食事出して、レクやって7,540円が施設に入る。
要介護5であれば12,020円。
これは、多くの介護保険施設の1日分よりもよほど高い。特定施設は言うに及ばずだ。

施設では24時間、3食を提供していて、デイではその1/3に過ぎない。
なのになぜデイのほうが高いのか?

考えられるのは、まずは送迎。以前は送迎加算が確か片道47単位付いていた。それが基本報酬に包括されたということ、それと入浴か。介護保険施設であれば入浴は週2回以上となっているが、デイではそうはいかない。そもそも入浴加算が50単位というのはいくら何でも安すぎるので、基本報酬にもある程度は含まれるとみていいのだろうか。

いやいや、それでもこんな程度では全然計算が合わない。

実際、私が勤めていたデイの稼ぎはなかなか凄かった。定員38名でフル稼働。職員も少数精鋭だったため、具体的にここへ金額上げるのが躊躇われるほど黒字が出ていた。
もっとも、それで併設の訪問介護や住宅型有料老人ホームの赤字を埋めていたので、決して法人が暴利を貪っていたわけではないけど(^-^; 会計上はこういうのって問題あるので、本部では人件費などでうまく調節していたようだ。

また、確かツクイのトップだったと思うが、「デイサービスの損益分岐点は稼働率50%である」と言っていた。
たった50%である! 定員の半分しか利用者がいないのに儲けが出るって、これを異常だと思う私の方がおかしいのだろうか?

在宅の方は、引きこもりにならないようにと、交流目的のデイサービス利用がごく当たり前のようにプランニングされる。そうして、利用者さんたちは介護給付費を使ってお花見や外食に出かけていくのだ。
それが悪いと言うわけではない。お一人お一人を見たときには、確かにそれが良い効果を及ぼしているのだから。

それでも、何か釈然としないものを感じる。デイサービスはこのまま「介護」給付費を多大に使っていていいのだろうか、と。

また、デイサービスの高い報酬のせいで、そもそも商品価値などありはしないお泊りデイの経営ノウハウをフランチャイズ形式で売り、一儲けしようとするバカと、それに釣られる更なるバカが現れる。その結果、市場での供給不足により施設に入れない多くの入所希望者を、劣悪な環境で過ごさせることになるわけだ。
もちろん、泊まりのできるデイの生活環境が一様に悪いというわけではない。個室ショートステイよりもはるかに優れた環境を用意している事業所もある。私が以前勤めていた施設もそうだったし、現在勤めている法人でこれから行う予定のお泊り事業も当然そのようにする。
が、倫理観を捨て去りさえすれば簡単に儲けられるシステムが、制度の間隙で成立してしまっているのは問題である。そして現在のところ、それを律することもできずにいる。

デイの報酬は下げるべきだ。
軽介護者を介護給付の対象から外すなんてことをする前に。


2011.08.23追記:
このエントリを投稿した後、当ブログへのアクセスが急増しましたが、それも落ち着いてきました。これからご覧になる方にはある程度冷静な目で見ていただけると思いますので、このエントリで私が言いたかったことを再度整理しておきます。
と言うのも、いただいたコメントを見ていると、どうも私が言いたかったことが、読んでくださった方に伝わったとは思えませんので……

私がこのエントリで言いたかったことは以下の通りです。

1. 少なくとも私にはその理由が分からないが、デイサービスの介護報酬は高く、「条件が整えば」荒稼ぎすることも不可能ではない構造になっている。
ここで私は自分の勤めていたデイの例を上げていますが、そこはあくまで「定員38名でフル稼働。職員も少数精鋭だったため、具体的にここへ金額上げるのが躊躇われるほど黒字が出ていた」のであって、どこのデイも同じような状況、というわけではないのは当たり前です。よって、大多数のデイで黒字が出ているなどとは全く思っていません。
また、挙げている発言も、「理論上は」こうなるらしい、という例として書いているだけです。

2. 交流や引きこもり予防のために、比較的軽介助の方がデイサービスを利用するのに、「介護」給付費が使われることに違和感を覚える。
そういう方に対して、交流支援など必要な援助がきちんとされていれば良いのですが、実際は手がかからないからと放っておかれていることが多いように思えます。また、外出など娯楽的な活動はもちろんその方にとっては非常に好ましいのですが、それに「介護」給付費が使われていていいのだろうか、というジレンマを私は感じています。

3. お泊りデイのごく一部だが、高齢者を劣悪な環境に「住まわせて」いるところがある。こういうところが現れるのも、デイの高い介護報酬のせいではないか。

4. 介護給付費抑制のため軽介護者を保険給付対象から外すべきという議論があるが、そんなことをする前に、デイサービスの介護報酬を下げてもいいのではないか。
とにかく何が何でも下げるべき、とは全く思っていません。現在のデイにとっては、軽介護者を切られることの方が、介護報酬を下げられることよりも大きなダメージになると思うので、こう言っているのです。

以上です。これでも、「いや、そんな風には読めない」とお感じでしたら、ぜひともその理由をご指摘くださると幸いです。
もちろん、誤解されたのであれば、その最大の理由は私の拙い文章力にあります。どうも申し訳ありません<(_ _)>

広告

デイサービスの介護報酬は高すぎる」への9件のフィードバック

  1. 本当ですか??ならば、介護者職員の賃金を上げる方に、考えを向けるべきで、報酬を下げるなんて、介護職員の将来は暗くなるばかりです。

  2. >あ様
    「高いと思う」から「自ら経営に乗り出す」の間は、私にとっては即座に結びつくものではないので、ご意見参考になりました。コメントありがとうございます<(_ _)>
    >アレパパ様
    本当ですかと言われると、少なくとも嘘はついていませんが、あくまで自分の経験している範囲と記憶に基づくものでしかありません。
    介護職員の報酬を上げるべきというご意見には賛成です。「介護職員の賃金を上げる方向に、考えを向けるべき」とおっしゃられた理由を考えてみたのですが、私が「デイは稼ぎすぎ」と言ったように思われたのでしょうか? 私はどこのデイも荒稼ぎしているとは思っていません。規模が小さかったり、あるいは稼働率が上がらずに経営が楽ではないデイがあるだろうというのはわかります。ただ、(なお悪いと言われそうですが、)稼働率の低さがその理由の一つであるなら、デイは淘汰された方がよいのではないかと思っています。その結果、報酬とより良いサービス提供のための職員配置とのバランスを検討して、それだけの報酬が適正と判断されたのであれば、今より報酬が高くなっても文句はありません。
    自分が偏見や極論を書いているのは承知していますので、ご意見をいただけると参考になります。コメントありがとうございます<(_ _)>

  3. >徘徊老人様
    経営者の方でしょうか? 「経営実務に疎い」=「ケアマネとして能無し」、ということもないでしょうから、疎い者がブログで意見を書いたのが気に障られたのでしょうか。
    一考に価しない意見をブログに書いただけであれば、失笑されるだけでわざわざコメントなどもらえないものと思っていました。コメントありがとうございます<(_ _)>
    他人の気分を害する目的で書いているわけではないので(そうは言いながらも私は本文中で「バカ」とか言ってしまっていますね。反省しています)、気に障られたことに関しては申し訳なく思います。

  4. お初です。
    ミクシーからきました。ヒヨコ様の書かれている事には一理あると思います。確かに、デイ・デイケアは他のサービスに比べて報酬は高いでしょう。ただ、それが他のサービスの報酬に影響があるのでしょうか?何か、明文化されているものがあれば教えてください。(デイを高報酬にするから他のサービスの報酬を下げますみたいな・・・。)
    というより、なぜデイが高報酬のままいるかは考えたことありますか?民間が、介護サービスへの参入ができるようになり、サービスの安定が取れているとは思えませんか?措置の時代が終わり、民間がデイ等のサービス介入することによって、助かっている在宅の方々がどれだけいるでしょうか?ツクイのトップが、50%が損益分岐点と言ってた?それは確かですか?ご自分の勤められる法人の損益分岐点も確認しましたか?何のエビデンスも無く思いを羅列するだけのブログならミクシーという不特定多数の見るサイトに貼り付けなんかをさせないように!そういった、介護サービスの一端を担っている民間企業にとって、デイの報酬を下げることは死活問題でしょう。その影響で、小さなデイ事業所が潰れてしまっては、本末転倒ではありませんか?それによって、そのサービスを利用していた方々はどうするのですか?私も、有料・居宅・デイを運営している組織の管理者をしておりますが、有料等の施設サービスは上限が決まっているから、やはり他の高報酬であるデイに頼っている部分も現状あります。でも、だからこそ民間企業がサービスへの参入ができ、サービスの需要と供給のバランスが取れているのではないでしょうか?現状のサービスで、全てのサービスの需要と供給のバランスが取れているとは思えません。デイの報酬が高いのは、そういった所にあるのではないでしょうか?だから、厚労省も容認しているのでしょ?たまたま、気になってしまったので、コメントしました。同じ、有料に勤めるものとして、今やれることを精一杯やりましょう。

  5. >若き管理者様
    コメントありがとうございます<(_ _)> おかげでここ2日ばかりの”?”が解けました。
    デイの介護報酬が高い理由は考えてみてもよく分からなかったので、それに対するご自身の見解をいただけて本当に嬉しいです。
    また、コメント全体を読ませていただいて思ったのは、「ブログに書くってそんなに重いことですか?」ということです。本や論文に書いたり他者の誤りを指摘したり、あるいは他人に影響力を持つ人の発言であれば、その内容にはきちんとした根拠が必要なのは当然です。しかし一介の施設ケアマネが書いたことなんて、それが何かに影響を与えるとは想像できませんから、誤りや論拠の弱さを指摘されたら謝罪して修正すれば良いと思っていました。
    例えば件の「ツクイのトップの発言」ですが、実際にデイの経営に携わる方から「そんなことはありえない」とご指摘されれば、記事の該当部分に消し線を入れて「実際に経営に携わる〇〇さんから、~~こういう理由でこんなことはありえない、とのご指摘を受けました。私もあやふやな記憶に基づいて書いたことで真偽は確認できませんので、訂正させていただきます。申し訳ありません」とか書かせていただきます。
    それと、「mixiに貼り付けさせるな」というのはいくらなんでも無茶です(涙)。その方から事前に連絡をいただいたわけではないですし。
    最後の一言は、激励の言葉と受け取らせていただきます。ありがとうございます。
    私も毎日こういうことばかりを書いているわけではありませんので、他のエントリにもご意見いただけると幸いです。

  6. アハハ!真面目だな~!
    昨年の介護報酬でも通所介護はほぼ影響なしだったことを考えると、茶話本舗とかツクイとかとの絡みがあるに決まってるじゃない。
    あとはお泊りデイも厳しくしないのは茶話への配慮でしょ。厚労省だろうとなんだろうと、人の子、接待とか金が動けばそっちに流れるんだよ。
    木ばっかり見てないで、森を見ようや。
    その発言自体はピュアで可愛いとは思うけどさ。
    次は機能訓練特化型デイ対通所リハ。医師会どう動くか楽しみだよね~!

  7. >こけし太郎様
    コメントありがとうございます。経営がらみのエントリばかり3つコメントを頂けたということは、経営者か、経営に関心のある方なのでしょうか?
    ご意見興味深く拝見しました。通所の再編は現在議論されているところですし、私も注視していきたいと思います。
    また何かお目に留まりましたら、ぜひともコメントをお願いいたします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中