縦の序列のない組織

昨日のエントリの続き……かな(^-^;

うちの職場は、縦の序列が全くない。全職員が横一列だ。
いや、管理者は会社の介護事業部門責任者という肩書きもあるので、一人だけが頭一つ出ていると言うべきか。

何でこんなことになってるのかと言うと、うちよりも早くからやっている別の介護サービス事業所も同じらしいので、社風なんだろう、きっと。

どんなシステムにもメリットとデメリットがある。
縦の序列がないことのデメリットは、責任の所在が不明瞭になること、命令・情報伝達が面倒なこと、新人教育が中途半端になることなどが挙げられるだろう。実際、私も今の職場ではこうした点にイライラすることが多々ある。
そしてメリットはと言うと……

何よりも、思いつきを実行するのが容易なことだろう。
要は「言い出した者勝ち」なのだ。

うちの管理者は、誰かが「~~をしたいんです」と言い出せば、「いいんじゃない、やってみなよ」と言うタイプの女性である。一旦その言葉を引き出せば、管理者の後ろ盾を得たことになる。相談員やケアマネ(つまり私だ)は、そうして施設を動かしている。

一例。2年前、入社してすぐに私は「夏祭りをやりましょう」と言った。そこで管理者の同意を得られれば、私が「じゃあ模擬店のことは栄養士さん、お願いね」と任命するのは、立派に業務命令である。命令が理に適ったものである以上は、指名された職員に拒否権はない。それこそ、従うか辞めるかである。

逆に、職員はこうして提案・実行していかなければ、いつまで経っても周囲の人間の中に埋もれていることになる。いくら日常業務に習熟しても、中間管理職に「出世」することは決してないのだから。となれば、責任ある地位も、それに見合った報酬も、いつまで経っても得られない。

だから一般の介護職員も、どんどんやりたいことをやっていけばいいのだ。それぞれの職員が、「もっと入居者さんにこうしてあげたい」と思うことを。

そして、そのために私を利用すればいい。私は結構使える駒だと思うよ。

……って今日のエントリ、完全にうちの法人限定の話になってしまった(^-^;;
まあ、今に始まったことじゃないか。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中