こんなケアマネもいるんだね

うちの法人のデイサービス事業所が遭遇した話。

そのデイの管理者から、私のところに相談があった。新規の利用者さんのことで。

その方は男性で、肝硬変がおありだとか。万が一のために緊急連絡先を聞いておきたいのだが、どうも奥さんがいるらしいものの、そのあたりはケアマネも深くは追求できずにいるという。

家庭環境もろくに把握していないという時点で、「何だそのケアマネ」だが、このケアマネさん、さらに恐るべきツワモノであった。

そのケアマネは、介護保険の被保険者証のコピーをFAXでデイに送ってきた。これ自体はよくあることだが、そのコピーが、明らかにおかしいのだという。
何がどうおかしいの? と管理者に聞いたら、現物を見せてくれた。一目見て私は大爆笑してしまった。

どう見ても偽造なのである。まず縦横比がおかしく、妙に縦長。フォントも変。
おそらくはExcelで作ったのだろうが、でも何でこんなことをする必要がある?

その管理者も、当然、何だこれはと思ったらしい。しかも記載されている区分支給限度額が間違っている。要介護3なのに2の限度額になっているので、ケアマネに確認したら、「その被保険者証は私が作ったものです。介護度は3で合っています」と言われたとのこと。

そもそも被保険者証を確認するのはサービス提供事業者がやらなきゃいけないことなんだから、直接利用者さんから見せてもらったら? と言うと、利用者さん本人曰く「面倒だから、ケアマネに預けてある」のだという。ということは……件のケアマネ、被保険者証を預かっておきながら、紛失してしまったのだろうか?

それならそれで、素直に再発行してもらえばいいものを。失くしたことを絶対に本人には知られたくないのかね。それにしても偽造って、明らかに犯罪だよ。
一目で偽造と分かるものをFAXしてきて、偽造であることをあっさりと認める神経。いったい、どういう思考回路をしてるんだ?

とりあえずその管理者には、「『いただいた情報を信用しないわけではないが、事業所が被保険者証を確認するのは法律で定められた義務なので、それをしないわけにはいかない。被保険者証がないのであれば、保険者である市の介護保険課に照会および相談をさせていただくが、それでもよろしいか? ダメなら、まことに残念ですが利用していただくことはできません』って、そのケアマネに言ってみるといいよ」とアドバイス(?)した。
緊急連絡先についても、「『そういった情報もなしで利用者さんをお預かりするのは、万が一何かあったときに責任を持った対応ができないので、利用者さんご本人にとってもためになりませんから、利用していただくことはできません』くらいのことは言ってもいいと思うよ」と。

件のケアマネ、話によると、どうもその居宅介護支援事業所の管理者らしいから、さらにびっくり。

そんなケアマネとは関わらない方が身のためかと……
他人事だと思ってつい爆笑してしまったが、デイの管理者としては笑い事ではないだろう。

まあ、オープンして間もないうちは、いろんな利用者さんが来るものではある。ケアマネさんも、得体の知れない新規の事業所に紹介してくれるのは、あちこちでお断りされた方ぐらいだから。
そこで、大変な方だからと言ってお断りしていては、ケアマネさんとの信頼関係なんていつまで経っても築けない。どんな方でも受け入れて頑張っているうちに、やがてその事業所のカラーに合った方が残っていく。

でも、きちんとした契約が結べない方は別。そういうところでは毅然とした態度を取っていかないと、どんどんグレーなゾーンに足を踏み入れていくことになってしまう。

頑張れー!>デイの管理者p(´∇`)q


2011.08.05追記:
後日談。ご本人が被保険者証のコピーをお持ちだったらしく、それをもって確認ができたとのこと。
ご本人もケアマネには憤慨されていたようですが……
本文中に私の誤認がありましたので削除しました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中