ケアプラン作成者∈サービス提供者

このタイトル、ちゃんと表示されてますかね? 

以前のエントリ(ケアプランチーム)でもちょっと触れたが、施設ケアマネが現場に入ったり、また現場職員がケアマネジメントに深く関わることで、ケアプラン作成者がサービス提供者でもありうるという状況について考えてみる。

居宅ケアマネが現場に入るというのは、施設だけでなく、居宅であってもありえない形態ではない。もっとも、ケアマネは一般の介護職員よりは人件費もかかるし、人材の確保も難しいので、実際にはわざわざ現場と兼務させることはほとんどないのではないか。まして、ケアマネの資格がない者がプラン作成に関わるなどということは、まず考えられない。

居宅の場合、ケアマネの第三者性は重要である。必要とされている援助がきちんと行われているかどうかを、利用者とも、サービス提供事業者とも異なった目線から監視する必要があるからだ。
そもそも、集中減算というものはそうした視点で導入されているのだろう。その方に最も合ったサービスを提供できる事業所を紹介していけば、特定の事業所に集中するはずがない、という……実際には、例えば福祉用具はどこでも一緒だと思うが(^-^;

しかし、小規模多機能のように多種のサービスを包括して提供することが前提になっている場合、ケアマネジメントもその中に含まれてしまう。小規模多機能を使おうと思えば、ケアマネもそこの事業所に変えなければならない。
これは、サービス毎に事業者を選択していくことができない状況下では、むしろ内部の人間の方が各サービス間での融通を利かせやすいということに着目しているからだと思われる。
であれば、施設も同様だろう。

もちろん施設においても、必要な援助が行われているかどうかを監視する視点は必要だし、そのためにはケアマネは現場から一歩離れていた方が好ましいという考えもあるだろう。
だが、全てがケアプランからスタートする居宅サービスと違い、施設サービスはケアプランがなくても行い得る、と言うよりも行わなければならない場面もある。目の前にいる要介護者に、ケアプランがまだできていない、もしくはプランに記載がないからと言って手を差し伸べないことはできないし、急な状態の変化に対してプラン変更を待てない場面もある。そこで必要なのは、臨機応変な対応であって、プラン作成者の第三者性ではない。

その方の目指す生活やニーズ、目標を踏まえた上で、目の前の変化に即座に対応していくためには、現場の職員がケアプランを熟知している必要があるし、そのためには自らが積極的にプラン作成に関わっているに越したことはない。

そうしてうちの施設では、ケアプランチームが今日も活動しているわけである。
って言うか、今月分はまだですかー?>うちのケアプランチームの面々(^-^;

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中