制度改正についての感想ただし法文を一読しただけ

「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律」が6/15に成立し、6/22に公布されている。

来年の制度改正については、これまでの議論などの経緯をほとんど追っていないので(^-^; さっと読んでイメージすることぐらいしかできないのだが……

やはり有料老人ホーム関連が気になるところだが、該当箇所は以下の通り。

二 有料老人ホーム等の利用者保護
1 認知症対応型老人共同生活援助事業を行う者及び有料老人ホームの設置者は、家賃、敷金及び介護等その他の日常生活上必要な便宜の供与の対価として受領する費用を除くほか、権利金その他の金品を受領してはならないものとすること。(第14条の4第1項及び第29条第6項関係)
2 認知症対応型老人共同生活援助事業を行う者及び有料老人ホームの設置者は、前払金を受領する場合においては、入居日から厚生労働省令で定める一定の期間を経過する日までの間に、契約が解除され、又は入居者の死亡により終了した場合に当該前払金の額から厚生労働省令で定める方法により算定される額を控除した額に相当する額を返還する旨の契約を締結しなければならないものとすること。(第14条の4第3項及び第29条第8項関係)

入居一時金を以って利用権契約を結ぶのが有料老人ホームというものなのだと思っていたが……それがダメだってこと?
ちなみにうちの入居一時金は、敷金と施設維持管理協力金という名目からなる。

2に関しては、入居一時金の保全措置が取られておらず、退去の際にトラブルになる有料老人ホームが多数あったようなので、まあ当然といえば当然の対応だが、それにしても「前払金」である。入居一時金は1で禁止してあるので、入居時にまとめて払う必要のあるお金というと、それはもう「家賃、敷金及び介護等その他の日常生活上必要な便宜の供与の対価」の前払分でしかありえないということなのだろうか。

つまりこれからの有料老人ホームは、入居一時金がなくなって、その分は毎月の支払いにプラスされる、と。既にそういうシステムにしてるところも多々あるが。
まあその方が公平ではあるよね。例えば入居一時金が100万円だとして、3ヶ月で亡くなっても10年住んでも、結局月々の支払い分以外にかかった費用が、どっちも同じ100万円だったっていうのは公平じゃない。

本当にこういう解釈でいいのか自信がないが、ネットで検索しても、現時点ではまだ誰にもはっきり分からないようだ。Q&Aでも待つしかないか。
でも既に成立した法律なのに、詳細な解釈は不明なんて変な話だよな。国会議員は何を以って賛成・反対の判断材料としたのだろうか。

さて、その他の内容。

定期巡回・随時対応型訪問介護看護というのは、制度化されても名乗りを上げるところが少なそうではある。今だって24時間対応で頑張ってる事業所、ほとんどないもんねえ。って私は近隣の事業所しか知らないんだけど。
ヘルパーってやっぱり今でも主婦パートがメインだから、まず人材確保が難しそうな感じするけど、どうなんだろう。
また定期巡回ということからは、認知症の方の見守りをイメージさせるが、そういう方の医療ニーズはそれほど高くなさそうだし……看護との組み合わせはむしろターミナルケア?
これがうまくいけば、自宅での看取りを増やせるとは思う。そういうこと?

複合型は、報酬体系が分からないと何とも言えない。
ただ、小規模多機能に対しても思うけど、国は事業所にある程度の独占(ある方に必要なサービスの大部分を一事業所が提供する、という意味)を許す代わりに、合計の報酬を抑えようとしているんじゃないかね。
たとえ別サービスでも同一事業者内なら便宜を図れるし、報酬がちょっと少なくなってもその分のメリットはあるでしょ、みたいな。
それで、小規模多機能の泊まりコストのような、利用者の自己負担が増えるのは構わないと。

しかしこれが進んだら、利用者は居宅にいると言っても半ば施設に入ってるようなもんだよね。実質、サービスがあまり選べなくなる。居宅ケアマネジメントは、その方に最も合ったサービスを数多の事業所の中から選んで組み合わせることにこそ、その目的があったんじゃないのか?
まあそうは言っても、個性的な事業所なんてあんまりなかったか。どの事業所も、サービスが良い悪いという一本の軸で評価できてしまうような感じだったもんね。
そういう理想は諦める時期に来たってことか。

居宅にいながらして施設化していく。それがいいのか悪いのかはまだ分からないが、一番心配なのは外出の機会が減ることだ。たとえ自宅だろうと、引きこもるのが良いわけはない。

が、これまでデイサービスが主に担ってきた「交流」目的の利用というやつは、むしろ介護保険外でやった方がいいのかもしれないとは思う。給付費抑制のためだけではなく、何より利用者自身のために。通所は、「日中の介護」を目的とするものと「交流」を目的とするものに分けたほうがいいんじゃないかと。
これについてはまた別の機会にでも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中