追い込み

私の仕事の追い込みは、毎月15日前になる。
16日~翌月8日まではほぼ現場に入っている。9、10日でレセプトと請求書を作成、その後、ご家族への報告書と、全入居者さんの写真をアルバム風に集めたお便りを作る。

レセプトと請求については、たかだか29人分なので楽勝。

ご家族への報告書というのは、ケアプランと個別機能訓練計画書の内容をほぼ転記したところに、1ヶ月間そのプランに従ってサービスを提供してみての評価を、ケアプランチームの担当が記入。それと、介護・看護・調理・ケアマネがそれぞれ専門職としての立場から見た最近のご様子を書いている。

写真のお便りは各フロア毎(うちは3つのフロアに分かれている)に作るのだが、それぞれA4用紙1枚に全入居者さんの最近の写真を載せる。
どこかにお出かけしたり、行事があったりすると、写真も豊富なので作るのは比較的簡単。しかしそうでないと、写真を撮るところから始めなければならないので、結構手間がかかったりする。

請求書にこの報告書と、写真のお便りを同封し、15日にご家族のところに郵送して、あー今月の仕事も無事終わったー! となるわけだ。

そう。まさに今、その瞬間を迎えたわけ。
ヒーハー!∩( ´∀` )∩

さて。この「専門職としての立場から見た最近のご様子」を書くのが、実はかなり大変。私は全入居者さんのケアマネ欄を書くのだが、そうそう毎月違ったことが書けるわけではなく、どうしても同じようなコメントが続いてしまう方もいる。

それではいかんよな。毎月、ケアマネらしいことを書かないと。そう思うと、現状を改善していくにはこうしていけばいいのでは……と、やたら小難しくて、しかも批判的な内容になってしまったりする。こんなことが書きたいわけじゃないのに!

こうした報告書って、施設ではあんまり聞いたことがない。2部送って1部はご家族保管、1部はご意見など書いてもらってサインして返してもらっているのだが、つまり1ヶ月単位の連絡帳(デイでは必ず作っているアレね)みたいなものか。
もちろん、これによって、日々必要となる連絡を怠っているわけではなく、発熱など気になる変化があったり、事故が起きた際などには、当然すぐに連絡しているし、面会時にも詳しくお話しする。それでも、1ヶ月というスパンで見たときの病状の変化などは、報告書にまとめることによってご家族もわかりやすくなるだろうし、遠方の方にも、写真と併せて最近のご様子をお報せすることができる。
うちの施設(というか、うちの法人)の自慢していい取り組みだと思っている。

そうでなきゃ、私の苦労が報われないってもんですよ、本当。

このエントリ、ケアマネジメントのカテゴリに入れるのはちょっと抵抗があるが(^-^; 今日はここまで。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中