ケアマネの願い

いやー、昨日のエントリは……いくら何でも形而上学的過ぎた。失敗。
いっそ削除して書き直したいが、ブログでそんなことするのってフェアじゃないよね。

ということで、昨日のエントリの一部を、ここで書き直してみる。

スタッフに、「○○さんてどんな人? 私が外部の人間だと思って説明してみて」と頼んでみるとする。
返ってきた答えが、

「ストーマがあるので、3日に1回入浴時にパウチとパック交換させてもらってます。頭はしっかりしているけど、幻視があって、よく『あそこに赤ちゃんが寝てるから、何かかけてあげて』とか言われます。間食がやめられないみたいでアイスをいつも食べています」

というのと、

「ボケ防止のためにって、いつも計算ドリルをされてます。息子さんやお孫さんが自慢みたいで、ご家族の話をするのが好きですね。あと歌も好きで、歌のレクがあると喜ばれています」

というのとでは、最大の違いは何だろう?

上はネガティヴな内容だが、下はポジティヴ? 確かにそうだが、ではなぜそうなってしまうのだろう。

現在の施設では、上のような表現をしてしまうことが多く見られるのではないかと思う。もちろん介護職であれば、その方にはどんな支援が必要かということを真っ先に思い出すだろうから、やむをえないことかもしれない。
しかしそれは同時に、行っている支援がまだ生理的欲求や安全の欲求を満たす手伝いが中心、という段階で留まっていることを示しはしないだろうか?

例えばその方が施設の中で社会的な役割を獲得していたり、趣味や生きがいを持っていれば、自然とそういう情報が選ばれるのではないか?

生理的欲求や安全の欲求を満たすお手伝いの内容なんて当たり前のことで、わざわざ取り上げることではなく、生活の質をさらに上げるために行っている支援こそ、職員の興味の中心になる。そうなればいいなと思う。

施設ケアマネの私は、そんなことを考えながら今日もケアプランを作っていたりするのです。

……うむ、昨日よりはまとまった気がするぞd(^-^;

さて。ブログ初めて17日目。これまで1日1エントリをキープしている。
が、今のうちに言っておこう。そんなのいつまで続くか分からん。逆に、よくここまで続けているよなあ、と我ながら思う。

ケアマネなのにあんまりケアマネらしいことを書いてない気がする(ケアマネジメント、ってカテゴリを作ったの今だし(^-^; )が、今日のエントリに限らず、ここで私が書いてるのはケアプランを作っていて考えたことが多い。

ま、無理しないで続けていきます。記事が増えていくうちに、次第に検索エンジンからの来訪者も増えていくだろうし、時々はちょっと覗いてくれる人ができたらいいなと思います。


2011.07.29追記:
このエントリは初め「ケアマネジメント」のカテゴリに入れてありましたが、その後新たに「QOL向上支援」というカテゴリを作りましたので、そちらに移動します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中