愛とセックスとディメンティア

利用者による職員に対してのセクハラ、というものはよくある。もちろん、認知症がそうさせているのだ。

実のところ、女性職員の胸やお尻に触る男性高齢者は少なくない(私も歳とったらそういう年寄りになる可能性は大いにあるので、大目に見てあげてね(^-^; )。
そうした時、慣れた職員であれば特に騒ぎ立てたりせずに、うまくあしらっている。傍で見ていて、うまいなあと感心することもある。

以前勤めていた老健のショートステイ利用者に、とにかく女性職員に触りまくる方がいて、女性職員が相談員だった私のところへ涙を流しながら「何とかして」と言ってきた。
認知症だから何をしてもいい、ということにはならない。相談員としては施設職員を守らなければならない。業界に入って1年ほどの私はこう考えて、ケアマネに以後のショートの利用をお断りした(これが介護保険で言う「正当な理由によるサービス提供の拒否」に当たるかどうかは、ここでは問題としないでね)。
ケアマネは了承してくれた。が、「利用者の性は、介護の仕事をしている以上避けては通れないことです。介護職員なら、そういう方は嫌です、ではなく、慣れていかなければならないと思います」とも言った。

今では、自分が間違っていたのがよく分かる。
利用者の性について忌避するのではなく向き合い、施設全体で、その方に対してどう接するかを考えるべきだった。利用お断りの前に、できることはたくさんあった。

ところで、うちの施設にも、夜勤中の若い男性職員に色っぽい声を出し「こっちへ来て」とベッドに引っ張り込もうとする女性入居者さんがいる。ちょっと腹が立つのは、私の夜勤中には一切そうした素振りを見せないことだ(^◇^;;

セクハラとまでは行かなくとも、利用者が職員に擬似恋愛感情を抱いてしまうことはよくある。と言うよりも、優れた介護職員であれば異性の利用者を自分に惚れさせて、その感情を日々のケアにうまく利用していくくらいでないとダメだと思う。惚れた弱みで、「あんたの言うことなら聞くよ」と言わせるとかね。

これについては、いわゆるTransference(転移)と絡めて考えると面白そうだ。

私はお年寄りにはモテる方だと自負していたが、最近はすっかり自信喪失。
ま、いずれにしろ、若い女性にさっぱり相手にしてもらえないことの方が寂しい(/_;)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中